船橋のリフォームならプレアクリエイト|習志野市・市川市 の トップページへ戻る



自分の力で出来る喜びを感じ、
自立(律)した人間として尊厳を守るきっかけに

通常リフォームをする場合というのは、その住宅で家族が快適に過ごせるために行うのがほとんどです。
しかし介護リフォームの場合は、それとは異なる観点から配慮や工夫をする必要があります。

介護リフォームにおいて最も重要視したいポイントは、ずばり「安全性」です。
毎日の暮らしの中でわずかな段差や階段の上り下りは、つまずき、転倒の原因になり、大変危険です。
介護が必要ない人であれば気にしない違いであっても、要介護の方にとっては危険なのです。

介護リフォームでは、そのような危険を排除した安全を第一と考えるリフォームを行わなければなりません。
手すりの取り付けにより、体の重心を安定させ、楽に上り下りや移動を出来るようにしたり、段差や床の滑りを解消する事で、転倒を未然に防ぎ、安心して生活する事が出来ます。

また介護される方だけでなく、介護をするご家族の負担を減らしたり、介護される方が少しでも自立し、安心して家の中で生活出来るための住まいの改修が、「介護リフォーム」です。

私たちは障害のある方と介護する方にとって、より快適な住まいになるように、お客様の要望や家族の状況、またケアマネージャー、ヘルパーさん等の意見を聞いたり、体格、症状、その進行具合なども視野にいれてプランニングします。

しかしお金がないために介護リフォームをするのが難しいと考える方もいらっしゃるでしょう。
ですが、ご安心下さい。申請手続きをすることにより介護保険制度で住宅改修の資金援助を受ける事ができます。
住宅改修の場合、最高で20万円(1割自己負担)の補助金を受けることができます。


介護保険について

受領委任払い制度が利用できます!

受領委任払いとは、給付の受け取りをサービス事業者に委任することにより、利用者が事業者に対して自己負担額のみを支払うようにする制度のことです。助成金限度額20万円のうち、お客様は2万円(10%)のみを建設会社に支払い、残りの18万円(90%)は市から支払われます。

つまり、受領委任払いを利用することにより、利用者は自己負担額を支払うだけで、残りは市から事業者へ支払われますので、利用者の経済的負担が軽減されます。

受領委任払い制度利用には事業者の事前登録が必要になります。
船橋市・習志野市・市川市・八千代市にお住まいの方は、是非一度ご相談ください。


<こちらの情報は平成25年度版です>


介護保険を利用した住宅改修の流れ 〜介護保険申請から支給決定まで〜


介護保険申請

お住まいの自治体の福祉・介護保険課で要介護認定の申請をします。



要介護・要支援の認定

原則として、申請してから約30日で結果が出ます。
要介護認定の結果は、利用できるサービスによって大きく以下の3つに分けることができます。

1、要介護1〜5
2、要支援1、2
3、非該当(自立)

1の「要介護1〜5」の結果が出た方は、介護保険が給付され「介護サービス」を利用できます。
2の「要支援1、2」の結果が出た方は、介護保険が給付され「介護予防サービス」を利用できます。
3の「非該当(自立)」の結果が出た方は、介護保険は給付されません。

※ 要介護・要支援のレベルによって、給付される介護保険の額に差があります。






住宅改修の相談
(ケアマネジャー)

担当のケアマネジャーの作成する理由書が必要です。担当のケアマネジャーがいない方は、自治体の福祉・介護保険課にご相談下さい。
ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、2004年4月から始まった「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするためにケアプランの作成やケアサービスの調整・管理を行う専門職のことです。






工事見積り

見積りの依頼を承ります。







申請書提出

介護保険課に申請します。


申請書提出



工事着工


工事着工



工事完了



工事完了

工事代金の支払い

工事代金を支払い、領収書と工事内訳書をお渡しいたします。








完了届出書提出

お住まいの自治体の福祉・介護保険課に住宅改修の完了届けを提出します。






審査・支給決定

住宅改修内容を審査し、住宅改修費支給額を決定します。支給額決定後、自治体から通知があります。






利用者負担について


介護保険が適用された住宅改修は、改修費用の9割分は保険給付で、自己負担は1割です。



介護保険で福祉用具がレンタル・購入できます


介護保険で福祉用具がレンタル・購入できます



貸与(レンタル)の対象種目


車いす
車いす付属品



車いすと車いす付属品



特殊寝台
特殊寝台付属品
床ずれ予防用具


特殊寝台



体位変換器
手すり
スロープ


車いすと車いす付属品




歩行器
歩行補助つえ
認知症(老人徘徊感知機)



歩行器歩行補助つえ認知症(老人徘徊感知機)




移動用リフト(つり具の部分を除く)


移動用リフト(つり具の部分を除く)





購入の対象種目


腰掛便座
特殊尿器
入浴補助用具


腰掛便座




簡易浴槽
移動用リフトのつり具の部分


簡易浴槽


補装具給付制度>により、介護保険の対象となる福祉用具のうち、車いす・歩行器・歩行補助つえについては身体障がい者福祉法でも補装具として給付されます。



介護商品を利用したリフォームプランをご覧ください





船橋市 高齢者住宅改造資金の助成について

高齢者住宅改造資金の助成はお住いの地域によって、介護保険と併願することが可能です

地域にもよりますが、リフォームする方の経済的負担の手助けとなる制度ですので、合わせてお声かけください。

【対象者】 次の要件をすべて備えている高齢者等を居宅で介護するために住宅の改造を必要としている方が対象となります。

  1.  市内に1年以上居住していること

  2.  要支援1〜2または要介護1〜5の認定を受けていること

  3.  市民税・県民税非課税世帯、もしくは生計中心者の課税額が32万円以下の世帯であること(市県民税額が最も多い方を生計中心者とします。)


【助成額】 上限50万円
助成率:市民税・県民税課税世帯の場合は50%
市民税・県民税非課税世帯100%
【対象となる工事】 手すりの設置や段差解消スロープの設置など
(注)すべての工事が対象となるわけではありません。詳しくは事前にご相談ください




船橋市助成金の詳細情報はこちら↓からご参考ください。




介護保険に関する質問・疑問がありましたら、


お問合せ

資料請求